選抜ユニフォームサプライヤー
デスポルチ
デスポルチ

連盟スポンサー
デスポルチ
デスポルチ

ミカサ
(株)ミカサ

宝くじのマスミ
宝くじのマスミ

■ カテゴリー
■ アーカイブ

開催日時:7月15日

会場:静岡県・浜松アリーナ

試合時間:前後半20分

写真・文/橋爪充

 

SuperSports XEBIO 東海フットサルリーグ2019の1部第3節、第4試合は前年度リーグ4位で地域チャンピオンズリーグを制した名古屋オーシャンズ サテライトがROBOGATO Futsal Clubに逆転勝ちを収めた。

 

昨シーズンの対戦ではロボガトが4点差をひっくり返して5対4で勝利している、因縁の愛知県勢対決。当時のメンバー表を見ると、名古屋サテは9人が入れ替わっている。新たにロボガトの得点源だった野村悠翔をメンバーに加えた。2019シーズンを連勝でスタートさせた名古屋サテにとってこの試合は、目標とする地域チャンピオンズリーグ4連覇への大きな関門と言えた。

名古屋サテは前半、ロボガトの速攻やピヴォ当てで崩されて2失点。自陣でのミスを拾われてさらに1失点。前半は残り3分までに2点のビハインドという苦しい立ち上がりだった。
重苦しい雰囲気を振り払ったのが、トップチームにも登録されている、今季東海リーグ初出場の鬼塚祥慶だった。17分、相手陣第2PKマーク付近で得たFKを直接ゴール右上に叩き込んだ。雄たけびとともにチームを鼓舞し、後半の攻勢への機運を高めた。

前半を3対2で折り返したロボガトは後半、少しでも長くリードの時間を保ちたかったが、1点差という拮抗した状況が攻めと守りのバランスを失わせた。
名古屋サテは21分、武田彰が相手の後ろ2枚の中途半端なポジショニングを見逃さず、中央を通す絶妙なスルーパス。抜け出したエッジカルロス・シルバ・エミリアノ・ドス・サントスがGKとの1対1を制して同点ゴールを沈めた。
名古屋サテは同点から1分もたたない時間帯に逆転。左サイドを突破した巽優太の折り返しを、マークを外したエッジカルロスが技ありのループシュートで決めた。さらにその1分後には右CKから野村が「恩返しゴール」。ゲームの趨勢を決定づけた。

後半開始直後の連続ゴールで3連勝を飾った名古屋サテ。昨シーズンは1勝1敗1分けでスタートダッシュに失敗し、最終節で地域CLの出場権をつかんだが、今季は上々の立ち上がりとなった。ロボガトは最後まで粘りを見せたが力負け。4位までに与えられる地域CL出場権をつかむためにも、夏場の連戦は負けられない。

 

▼名古屋オーシャンズ サテライト 7-4 ROBOGATO Futsal Club
3分 石野真士(ロボガト)
6分 鬼塚祥慶(名古屋サテ)
11分 安井悠人(ロボガト)
16分 高田晃弘(ロボガト)
17分 鬼塚祥慶(名古屋サテ)
21分 エッジカルロス・シルバ・エミリアノ・ドス・サントス(名古屋サテ)
22分 エッジカルロス・シルバ・エミリアノ・ドス・サントス(名古屋サテ)
23分 野村悠翔(名古屋サテ)
26分 中野靖也(ロボガト)
32分 イワハシ・ナオキ(名古屋サテ)
39分 鬼塚祥慶(名古屋サテ)

 

▼名古屋サテ・若山伸太郎監督コメント
ロボガトは縦に速いので、取られ方次第で上下の激しい動きになると予測していた。(ビハインドで折り返したが)ハーフタイムの修正で、後半立ち上がりがいい方向に出た。去年の対戦では大逆転負けをしていたので、みんな負けたくない気持ちが強かった。最大2点差をつけられたが、終了間際に1点差にでき、後半にうまくつながった。
―選手の起用で重視した点はあったか。
今後成長してほしい選手も、けがから戻ってきた選手を出したいというのもあった。セットは大きく変えなかったが、1点差、2点差の段階で彼らを使った。ミスもあったが、この経験を今後に生かしてもらいたい。
―例年以上に判断のスピードが速いように見えた。
どうですかね。個人のスキルは例年より少し劣っているかなと。今年は高校卒業したばかりの選手もたくさんいるが、今日は2、3年目が多かった。そういう意味ではうまくやれた部分もあれば物足りない部分もある。
―鬼塚選手がサテライトでは今シーズン初出場。
急きょ登録した。本来は1対1で仕掛けるタイプだが、安彦選手以外にフィクソで強く当たれる選手がいなかったので、ある程度フィクソを任せながらゲームを進めた。攻撃では何でもできる選手。うまくかみ合ってくればもっと活躍してくれるだろう。
―今季の目標は。
サテライトは年間を通じて大きな休みがない。毎日2部練習で週1の休み。これだけやっている中で、負けたくはない。目標は地域CL4連覇。達成できれば(現Fリーグの)すみださんがなし遂げた5連覇も視野に入る。

 

▼ロボガト・中野靖也選手コメント
前半はみんな集中していて、守備から攻撃への流れがうまくいっていた。だが、後半に入っていつも最初の時間帯で集中が切れてしまう。今日もそうだった。そこからずるずる点を決められ、顔が下を向いてしまった。
―5点目を入れられてからすぐ取り返した。
息を吹き返しかけたが、次の一歩、前に行く力が足りなかった。名古屋サテに対して、戦術的な特別に変更したことはなかった。練習でやっていることを発揮しようとしたが。
-今季の目標は。
ロボガトは3年前に川畑君たちがいた時代とは違うチームになっている。強いロボガトをもっと出して行かなくては。正直、選手が足りないという気持ちもある。今季はフィジカルベースを高めようと練習でよく走っているが、走っているから勝てるというわけではない。誰かが調子が悪くなったときに、(それをカバーするように)決めてくれる選手がいてくれたら良いのだが。

開催日時:7月15日

会場:静岡県・浜松アリーナ

試合時間:前後半20分

写真・文/橋爪充

 

SuperSports XEBIO 東海フットサルリーグ2019の1部第3節、第3試合では前年度リーグ王者のNASPA四日市がForce Futsal ISEを降した。

 

三重県内でしのぎを削る両チームは、それぞれが3セットを1~2分ごとに目まぐるしくチェンジ。主導権を握ろうとする。先取点は先に動いたナスパ。1分33秒、不動のピヴォ森下直紀が交代直後のプレーで見事な落としを見せ、東拓実が強烈なシュートを蹴りこむ。ナスパの3セットに対応する3セットを用意したフォースだったが、出ばなをくじかれた。

 

後半同点に追いつかれたナスパだったが、相手がかぶせてくる3セットにも徐々に適応。32分、前半と全く同じ東→森下のピヴォ当てで勝ち越しゴールを奪った。ナスパは残り約2分半の相手パワープレーもしのぎ切り、最後はゴレイロ小林真一がパワープレー返しを決めて勝負あり。3連勝を飾った。

 

フォースは周到な準備で試合に臨み、ハーフライン付近からの速い攻撃で幾度となくナスパのゴールを脅かしたが、1得点にとどまった。終盤のパワープレーでの逸機が響いた。フォースはリーグ戦1勝2敗となった。

 

▼NASPA四日市 3-1 Force Futsal ISE
1分 東拓実(ナスパ)
22分 小林優大(フォース)
32分 東拓実(ナスパ)
39分 小林真一(ナスパ)

 

▼ナスパ・水谷健太監督兼選手

開幕節、2節目は昇格したチームを相手に連勝したが、どこのチームも実力はどっこいどっこいという印象だった。フォースとも厳しい試合になると思っていた。

―そうした中での3連勝。

内容はどうであれ、結果が付いてくるとリズムが良くなる。(昨季準優勝だった)地域チャンピオンズリーグから、負けない雰囲気が出ている。

―3セットをお互いにこまめにチェンジする展開だった。

フォースに3セットのイメージはなかったのでびっくりした。引いてくるのは分かっていたので、引いた相手にどのタイミングでシュート打つかをずっと練習していた。得点の場面はその形が出た。

―追いつかれても焦りは見えなかった。

去年から負けない雰囲気がある。後半の最後までパワーが落ちないので、どこかで点が入るだろうという雰囲気がどのセットもある。それが強みだ。

―今シーズンの目標は。

今年も地域チャンピオンズリーグに出たい。夏に試合がぎっしり詰まっているので、早めに(地域CL出場権を得る)上位4位を決めたい。6勝したらほぼ確定だろう。早くそこにたどりつきたい。

 

▼フォース・酒徳万真監督兼選手コメント

ナスパの3セットに対して、ある程度の準備はしていた。プラン通りにゲームを運べたが、最初の失点がもったいなかった。相手は決めるところで決めて勝ったという印象だ。

―3セットは初めて見たが、綿密に用意していたのか。

今回の試合のためにメンバーを選んで、3セットを組んだ。相手の10番(東選手)は警戒していたが決められてしまった。先制されたシーンはセカンドセットが中途半端な状態でまだふわっとしているときにやられた感がある。ピヴォ当ては分かっていたが、簡単にやらせてしまったのが痛かった。

―前への推進力、シュートで終わる意識など良い部分も出たのでは。

確かに良いところもあったが、まだまだ甘さがある。今年こそは全国に行こうという思いはあるが、こういう試合を落としてしまってはいけない。もっとやり切れたかなという思いがある。

―今後の目標は。

チームとしてはいい形ができているが、結果がついてきていない。8月の3連戦が大切。3年前に1度出た地域チャンピオンズリーグへの再出場を果たしたい。

会場:静岡県・浜松アリーナ

試合時間:前後半20分

写真・文/橋爪充

 

SuperSports XEBIO 東海フットサルリーグ2019は7月15日、1部第3節の5試合を行った。

名古屋オーシャンズサテライトがROBOGATO Futsal Clubに逆転勝利し、首位をキープした。名古屋サテはトップチームにも登録されている鬼塚祥慶がハットトリックを達成した。

名古屋サテと同じ開幕2連勝だった前年度覇者ナスパ四日市は、東拓実の2ゴールなどでForce Futsal ISEとの熱戦を制し、首位に並んだ。

今季昇格のObra-Primaはヴェルデラッソ松阪に逆転勝ち。念願の1部初勝利を挙げた。Dele Yaone岐阜/AGMもDELIZIA磐田に逆転勝利。大和撫子/藤枝市場とMEMBER OF THE GANGは引き分けだった。

 

【東海フットサルリーグ2019 1部第3節の結果】

Dele Yaone岐阜/AGM 3-2 DELIZIA磐田

NASPA四日市 3-1 Force Futsal ISE

Obra-Prima 6-3 ヴェルデラッソ松阪

名古屋オーシャンズサテライト 7-4 ROBOGATO Futsal Club

大和撫子/藤枝市場 4-4 MEMBER OF THE GANG

(後日、数試合のレポートをお届けします)

 

【順位表】

1)名古屋オーシャンズサテライト 勝ち点9 +8

1)NASPA四日市 勝ち点9 +5

3)Dele Yaone岐阜/AGM 勝ち点6 +3

4)Obra-Prima 勝ち点4 +1

4)MEMBER OF THE GANG 勝ち点4 -2

6)DELIZIA磐田 勝ち点3 +4

6)ROBOGATO Futsal Club 勝ち点3 -4

6)Force Futsal ISE 勝ち点3 -4

9)大和撫子/藤枝市場 勝ち点2 -4

10)ヴェルデラッソ松阪 勝ち点0 -7

2019年7月5日に浜松市の浜松アリーナで行われたFリーグ2019/2020ディビジョン2第2節、アグレミーナ浜松対トルエーラ柏は5対1で浜松が勝利した。浜松は2017年10月14日の2017/2018シーズンの第21節でシュライカー大阪に4対3で勝って以来のホーム戦勝利。今季開幕2連勝とし、暫定首位に浮上した。

 

立ち上がりは柏ペース。自陣に軸足を置く浜松に対して、前線の長身ピヴォ樋口岳志へのロングボールを多用して押し上げを図る。府中時代に何度も浜松のピッチを経験している柴田祐輔は、後ろ3枚の位置から巧妙に相手ボックスの中央に入り込み、左右にボールを散らす。

 

体格を生かした柏の「放り込み」に手を焼いているかに見えた浜松だったが、カウンターの精度の高さを見せて5分に先制。左サイドで相手のワンツーが崩れたところから中村友亮が中に切れ込みシュート。GKが弾いたところをゴール前に詰めた日永田祐作が仕留めた。

 

浜松は12分に山桐正護が追加点を奪い、15分には再び中村を起点に3点目を奪った。中村は相手4枚の真ん中でボールを受けて巧みに前を向き、瞬間的な加速で前進。左ポストでパスを受けた須藤慎一が難なく沈めた。浜松は野嶋倫のゴールも決まって、4対0で前半を折り返した。

 

後半も元気よくパスを回す浜松のペース。決定機を複数外したものの、柏の攻撃をCKからの1点に抑えた。約1年9カ月ぶりのホーム勝利。浜松は試合後は、選手、監督はもとより関係者全員が笑顔だった。一部観客からは「ホームで勝ったのを初めて見た」という声も聞かれた。

 

浜松は強い雨の降る金曜日の夜に集まった1250人を十分満足させたと言える。2部に降格したとはいえ、これだけ顧客満足度の高いホーム開幕戦を提供できたのは、Fリーグ参入後の8シーズン目で初めてだろう。今季は浜松でのホームゲームが3試合しかないだけに、今後も大事に戦いたい。

 

開幕2連勝だが、随所に見られた寄せの甘さ、横パスのズレは修正が必要。特に前半のロースコアの時間帯は、アラへのパスをカットされてゴール前に持ち込まれるシーンが目立った。後半に少なくとも3回はあった決定機を決め切れなかったのも課題だ。厳しい見方をするなら、このゲームは8対0で終えなくてはいけなかった。

 

豊島明監督は「前半の山場」とする次節のボルクバレット北九州戦について、「勝てば一気に波に乗れると思う。しっかり勝って戻ってくる」と話した。

 

▼アグレミーナ浜松 5-1 トルエーラ柏
5分 日永田祐作(浜松)1-0
12分 山桐正護(浜松)2-0
15分 須藤慎一(浜松)3-0
16分 野嶋倫(浜松)4-0
24分 柴田祐輔(柏)4-1
38分 萩原洪拓(浜松)5-1

 

▼アグレミーナ浜松・豊島明監督コメント
「立ち上がりに攻め込まれてしまったが、早い段階で点を取れてしっかりゲームを作れた。一方で、1失点は防がなくてはいけなかったし、もう2、3点取れた。(こうした点については)選手に要求していく。ポジティブに考えれば、ここでパーフェクトなゲームしてしまって山場の次戦にゆるんでしまうより、多少ダメな点があった方がピリッとした空気が作れる」
-前半はずいぶん慎重な立ち上がりだった。
「相手の出方を見てやっていこうと話したが、ボールにプレッシャーがかかっていなかった。(大きく)蹴られたり、12番(林賢治選手)に右サイドを2回抜かれたりしたので、セット交代時やタイムアウトで9番と12番のケアをしようと話した。2人を抑えることで、グッと流れを引き寄せられた」
-相手は14番の柴田選手が中に入りこんだり、9番樋口選手がロングボールを収めたりして、攻撃の起点になっていた。
「ストロングポイントは9番、12番、14番だと思っていた。特に9番は想定以上に身長が高く、ロングボールが収まってしまう。でも、そこは入っても仕方がない。ただ、相手は1枚しか抜けてこないので、ピヴォをマンツーマンで抑えて、シュートや(決定的な)落としを防げればいいと思った」
-雨の金曜日夜にも関わらず、1250人が駆け付けた。
「ありがたい。今季のチームスローガンに掲げているが、チームと組織、サポーター、スポンサーが四つの柱。クラブに関わる全ての人々が同じ目標に向かって突き進んでいくという一体感を高めたい。今季は集客も含めた浜松の強みを見せる。こんなにお客さんがいるし、良いゲームができているという姿。それを一つ一つ積み上げて、もう一度あの舞台(F1)に戻れれば理想的だ。ぜひF2優勝と昇格を達成したい」
-優勝と昇格に向けて、次節ボルクバレット北九州戦は山場となる。
「F1は試合数が多いので、修正のための期間が短くならざるを得ず、精度が落ちてしまう。今季はF2に落ちてしまったが、ゲームとゲームの間に準備期間がしっかりあるため、ゲームに向けての精度を上げていける。次戦は勝てば一気に波に乗れると思う。しっかり勝って戻ってくる」

 

▼アグレミーナ浜松・中村友亮選手コメント
「前半の相手の時間帯をうまく我慢できた。いい時間帯に3点取れたのがよかった。ただ、前半の終わりに底辺でミスが出てしまった。後半は気持ちの余裕が出てしまって、決められず、逆にゴールを許した。(相手に)『浜松は強い』と思わせるために、もっと得点を重ねたかった」
-立ち上がりは仕掛けを封印していた。
「ビデオでは確認していたが、対戦したことがなかったので、相手の特徴について分からないところがあった。探りながらのゲーム運びだった」
-相手を突き放した3点目がゲームの流れを決定づけた。
「相手の間に斜めに抜けたら、(田中)智基さんからむちゃくちゃいいボールが来た。本来は一発で僕が決めていなくてはいけない。1回(シュートを)打って外れたが、(須藤)慎さんが良いポジションにいたのでパスした」
-大勢の観客がゲームを見守った。
「子どもたちも含めて、大きな声援をもらって本当にありがたい。選手同士の指示が聞こえないほどの大きな応援だった。カテゴリーが落ちてもこうやって見に来てくれる人がいる。皆さんと1年でF1に上がるところを共有したい。結果にこだわってやるだけだ」

 

▼トルエーラ柏・松田大次郎監督コメント
「浜松のホーム開幕戦ということで、会場の雰囲気がとても良かった。良い環境で試合をやらせてもらった。負けてしまったが、開幕2試合目でまだチームを作っている段階。選手はよくやってくれたと思う」
-立ち上がりはペースを握っていたが、ミスから失点を重ねた。
「選手にはどの位置で何をするかについて話をしているが、まだ改善しなくてはいけない。ただ、これは僕がアプローチするべき点。選手は一生懸命やってくれていた」
-攻撃時に柴田選手が相手4枚の中央にポジションを移す場面が多く見られた。
「ピヴォを2枚にするという意図はなく、自然にああいう形になった。相手の真ん中でボールを受けようというのは狙いだった」
-2連敗となったが。
「悪い方向には進んでいない。今日は負けてしまったが、だらだらとした試合はしていない。ただお金を払ってもらっている以上、勝利を目指す必要がある。チームとして、クラブとして結果がほしい」

 

※TEXT & PHOTO :橋爪充

 

 

DUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1開幕セントラル2日目の第1試合は、シュライカー大阪がFリーグ選抜を6対2で下した。

 

Fリーグ選抜は所属元が名古屋オーシャンズサテライトの北野聖夜、水谷颯真、瀧澤太将にアグレミーナ浜松の新井裕生が加わったセットでスタート。大阪は元ROBOGATOの加藤未渚実、アルトゥール、チアゴ、小曽戸允哉、柿原聡一朗という布陣で開幕戦に臨んだ。

 

大阪はFリーグ選抜の積極的な仕掛けを受け止めると2分、相手陣左サイドで小曽戸がプレスをかけて得たキックインから、アルトゥールがチアゴへのピヴォ当てで先制ゴール。3分にはチアゴがPKを決めて主導権を握る。

 

ほぼミスなくパスを回す大阪に対し、素早いプレスに自由を奪われたFリーグ選抜は決定機を作れない。大阪は8分にセットプレーのこぼれからチアゴ、9分には前線からの激しいプレスからGKが苦し紛れに出したボールをアルトゥールが難なく沈めて4点差をつけた。Fリーグ選抜は13分に、新井が自陣から超ロングシュートを決めて1点を返すも、大阪は18分、加藤の中への仕掛けから数的有利を作り、右の小曽戸、左のチアゴでフィニッシュ。5対1で前半を終えた。

 

後半は大阪がペースを落とした感もあり、Fリーグ選抜がドリブルで敵陣に持ち込むシーンも増える。Fリーグ選抜はラインを下げて陣形をコンパクトにし、相手の裏のスペースを狙いに行く。30分には鬼塚祥慶が自陣右サイドから力強いドリブルで持ち込み、自ら決めてチーム2点目をゲットした。

 

Fリーグ選抜は残り4分からGKを坂桂輔に代えてパワープレーを敢行するも実らず。若武者たちの初陣は、フットサルを知り尽くした大阪に屈する形となった。ただ、場内は時間を追うごとにFリーグ選抜の支持度が上がっていった。後半のチャンスシーンには、何度となく拍手が送られた。前半立ち上がりの失点は、大阪の圧力に負けたミスから生まれたもの。これが徐々に改善されていけば…という期待は感じさせた。

Fリーグのスピードやパワーに順応した彼らの1年後の姿を見たい。

 

▼シュライカー大阪 6-2 Fリーグ選抜

2分 アルトゥール(大阪)1-0

3分 チアゴ(大阪)2-0

8分 チアゴ(大阪)3-0

9分 アルトゥール(大阪)4-0

13分 新井裕生(Fリーグ選抜)4-1

18分 チアゴ(大阪)5-1

21分 小曽戸允哉(大阪)6-1

30分 鬼塚祥慶(Fリーグ選抜)6-2

 

 

▼Fリーグ選抜・高橋優介監督コメント

前半と後半で差があったゲーム。点差があったということで、後半は相手のプレー強度が落ちる結果になった。(そうした要因があるので)前半、後半(を分けて)良かった悪かったと評価しない方がいい。前半の入り3~4分で失点しているが、最初は悪くなかった。だが、自分たちが押し込まれてぐいっと来られる相手の対応がうまくできていなかった。ゲームの流れを失った要因だと思う。

-2失点した直後の早いタイミングでタイムアウトを取った。どんな指示をしたのか。

自分たちがやるべきことを確認した。押し込まれることは分かっていたが、ボールに対する執着心が出ていなかった。そこを出さないとどんどん(点差が)広がる。相手よりゴールを多く取る、という根本が欠けていると感じたので、気持ちの部分でどうするのか、誰がやるのかを確認した。

-得点した鬼塚の評価は。

前に行くという点では、チームで一番能力が高い。ゴールへの意識も同様だ。

 

▼Fリーグ選抜・三笠貴史選手コメント

点差が開いてしまった。戦術や個人の技術より、勝つんだという強い気持ちでピッチに立てていなかったことが問題。技術的に劣っている部分はあったが、戦える部分はある。それを最初から持ってこないとそもそも同じ土俵で戦えないと思った。

-今後、チームをどう高めていくのか。

ゲームの入りがいつも悪い。普段の練習のフィジカルやスピードとまったく違ってしまっている。勝つためにピッチに立っていても、入りでビビってしまうと根本がぶれてしまう。

 

▼Fリーグ選抜・新井裕生選手コメント

-ゴールシーンを振り返って。

(ボールを保持して)パッと見たらGKが前に出ていたので打ったらうまくいった。状況も状況だったので素直に喜べなかったが、ここから追い上げていければという思いがあった。

-試合全体の印象は。

攻撃面の入りは悪くなかったが、守備でチアゴ選手やアルトゥール選手、加藤選手のところで後れを取ってしまった。体で勝てなくても、あと1歩足を出す、セグンドでスライディングして止めるなどできたはず。そういうところは足りなかった。

空回りしていたのか、ビビッていたのかわからないが、一人一人がもっと守備で体を張る必要があった。若くて経験もない僕らは、相手より倍ぐらい走って頑張らないと、「いい勝負」にすら持ち込めないと思う。

 

▼シュライカー大阪・比嘉リカルド監督コメント

前半からいいリズムを作って4点差をつけられた。(このまま)止まらないように、同じリズムでプレーするように指示した。良い試合の運び方だったと思う。開幕戦で勝利ができて良かった。

-攻撃面で昨年からのプラスアルファは。

練習ではパターンではなく、システムに入れるようにしているが、まだ難しい。いいタイミングで、試合に使えるようにしたい。

 

▼シュライカー大阪・小曽戸允哉選手コメント

リーグを戦う上で開幕戦は非常に大事。勝ち点3を取ることだけを考えた。実行できてよかった。

-Fリーグ選抜への印象は

若い選手が多く、よく走る。技術も高い。ただ、きょうはチアゴや相井など体が強い選手とのマッチアップで耐えられなかった。そこで(大阪は)チャンスをつくれた。相手(Fリーグ選抜)は難しくなってしまった。

 

 

※TEXT & PHOTO :橋爪充