選抜ユニフォームサプライヤー
デスポルチ
デスポルチ

連盟スポンサー
デスポルチ
デスポルチ

ミカサ
(株)ミカサ

宝くじのマスミ
宝くじのマスミ

■ カテゴリー
■ アーカイブ

Author Archive

開催日時:7月15日

会場:静岡県・浜松アリーナ

試合時間:前後半20分

写真・文/橋爪充

 

SuperSports XEBIO 東海フットサルリーグ2019の1部第3節、第3試合では前年度リーグ王者のNASPA四日市がForce Futsal ISEを降した。

 

三重県内でしのぎを削る両チームは、それぞれが3セットを1~2分ごとに目まぐるしくチェンジ。主導権を握ろうとする。先取点は先に動いたナスパ。1分33秒、不動のピヴォ森下直紀が交代直後のプレーで見事な落としを見せ、東拓実が強烈なシュートを蹴りこむ。ナスパの3セットに対応する3セットを用意したフォースだったが、出ばなをくじかれた。

 

後半同点に追いつかれたナスパだったが、相手がかぶせてくる3セットにも徐々に適応。32分、前半と全く同じ東→森下のピヴォ当てで勝ち越しゴールを奪った。ナスパは残り約2分半の相手パワープレーもしのぎ切り、最後はゴレイロ小林真一がパワープレー返しを決めて勝負あり。3連勝を飾った。

 

フォースは周到な準備で試合に臨み、ハーフライン付近からの速い攻撃で幾度となくナスパのゴールを脅かしたが、1得点にとどまった。終盤のパワープレーでの逸機が響いた。フォースはリーグ戦1勝2敗となった。

 

▼NASPA四日市 3-1 Force Futsal ISE
1分 東拓実(ナスパ)
22分 小林優大(フォース)
32分 東拓実(ナスパ)
39分 小林真一(ナスパ)

 

▼ナスパ・水谷健太監督兼選手

開幕節、2節目は昇格したチームを相手に連勝したが、どこのチームも実力はどっこいどっこいという印象だった。フォースとも厳しい試合になると思っていた。

―そうした中での3連勝。

内容はどうであれ、結果が付いてくるとリズムが良くなる。(昨季準優勝だった)地域チャンピオンズリーグから、負けない雰囲気が出ている。

―3セットをお互いにこまめにチェンジする展開だった。

フォースに3セットのイメージはなかったのでびっくりした。引いてくるのは分かっていたので、引いた相手にどのタイミングでシュート打つかをずっと練習していた。得点の場面はその形が出た。

―追いつかれても焦りは見えなかった。

去年から負けない雰囲気がある。後半の最後までパワーが落ちないので、どこかで点が入るだろうという雰囲気がどのセットもある。それが強みだ。

―今シーズンの目標は。

今年も地域チャンピオンズリーグに出たい。夏に試合がぎっしり詰まっているので、早めに(地域CL出場権を得る)上位4位を決めたい。6勝したらほぼ確定だろう。早くそこにたどりつきたい。

 

▼フォース・酒徳万真監督兼選手コメント

ナスパの3セットに対して、ある程度の準備はしていた。プラン通りにゲームを運べたが、最初の失点がもったいなかった。相手は決めるところで決めて勝ったという印象だ。

―3セットは初めて見たが、綿密に用意していたのか。

今回の試合のためにメンバーを選んで、3セットを組んだ。相手の10番(東選手)は警戒していたが決められてしまった。先制されたシーンはセカンドセットが中途半端な状態でまだふわっとしているときにやられた感がある。ピヴォ当ては分かっていたが、簡単にやらせてしまったのが痛かった。

―前への推進力、シュートで終わる意識など良い部分も出たのでは。

確かに良いところもあったが、まだまだ甘さがある。今年こそは全国に行こうという思いはあるが、こういう試合を落としてしまってはいけない。もっとやり切れたかなという思いがある。

―今後の目標は。

チームとしてはいい形ができているが、結果がついてきていない。8月の3連戦が大切。3年前に1度出た地域チャンピオンズリーグへの再出場を果たしたい。

会場:静岡県・浜松アリーナ

試合時間:前後半20分

写真・文/橋爪充

 

SuperSports XEBIO 東海フットサルリーグ2019は7月15日、1部第3節の5試合を行った。

名古屋オーシャンズサテライトがROBOGATO Futsal Clubに逆転勝利し、首位をキープした。名古屋サテはトップチームにも登録されている鬼塚祥慶がハットトリックを達成した。

名古屋サテと同じ開幕2連勝だった前年度覇者ナスパ四日市は、東拓実の2ゴールなどでForce Futsal ISEとの熱戦を制し、首位に並んだ。

今季昇格のObra-Primaはヴェルデラッソ松阪に逆転勝ち。念願の1部初勝利を挙げた。Dele Yaone岐阜/AGMもDELIZIA磐田に逆転勝利。大和撫子/藤枝市場とMEMBER OF THE GANGは引き分けだった。

 

【東海フットサルリーグ2019 1部第3節の結果】

Dele Yaone岐阜/AGM 3-2 DELIZIA磐田

NASPA四日市 3-1 Force Futsal ISE

Obra-Prima 6-3 ヴェルデラッソ松阪

名古屋オーシャンズサテライト 7-4 ROBOGATO Futsal Club

大和撫子/藤枝市場 4-4 MEMBER OF THE GANG

(後日、数試合のレポートをお届けします)

 

【順位表】

1)名古屋オーシャンズサテライト 勝ち点9 +8

1)NASPA四日市 勝ち点9 +5

3)Dele Yaone岐阜/AGM 勝ち点6 +3

4)Obra-Prima 勝ち点4 +1

4)MEMBER OF THE GANG 勝ち点4 -2

6)DELIZIA磐田 勝ち点3 +4

6)ROBOGATO Futsal Club 勝ち点3 -4

6)Force Futsal ISE 勝ち点3 -4

9)大和撫子/藤枝市場 勝ち点2 -4

10)ヴェルデラッソ松阪 勝ち点0 -7

2019年7月5日に浜松市の浜松アリーナで行われたFリーグ2019/2020ディビジョン2第2節、アグレミーナ浜松対トルエーラ柏は5対1で浜松が勝利した。浜松は2017年10月14日の2017/2018シーズンの第21節でシュライカー大阪に4対3で勝って以来のホーム戦勝利。今季開幕2連勝とし、暫定首位に浮上した。

 

立ち上がりは柏ペース。自陣に軸足を置く浜松に対して、前線の長身ピヴォ樋口岳志へのロングボールを多用して押し上げを図る。府中時代に何度も浜松のピッチを経験している柴田祐輔は、後ろ3枚の位置から巧妙に相手ボックスの中央に入り込み、左右にボールを散らす。

 

体格を生かした柏の「放り込み」に手を焼いているかに見えた浜松だったが、カウンターの精度の高さを見せて5分に先制。左サイドで相手のワンツーが崩れたところから中村友亮が中に切れ込みシュート。GKが弾いたところをゴール前に詰めた日永田祐作が仕留めた。

 

浜松は12分に山桐正護が追加点を奪い、15分には再び中村を起点に3点目を奪った。中村は相手4枚の真ん中でボールを受けて巧みに前を向き、瞬間的な加速で前進。左ポストでパスを受けた須藤慎一が難なく沈めた。浜松は野嶋倫のゴールも決まって、4対0で前半を折り返した。

 

後半も元気よくパスを回す浜松のペース。決定機を複数外したものの、柏の攻撃をCKからの1点に抑えた。約1年9カ月ぶりのホーム勝利。浜松は試合後は、選手、監督はもとより関係者全員が笑顔だった。一部観客からは「ホームで勝ったのを初めて見た」という声も聞かれた。

 

浜松は強い雨の降る金曜日の夜に集まった1250人を十分満足させたと言える。2部に降格したとはいえ、これだけ顧客満足度の高いホーム開幕戦を提供できたのは、Fリーグ参入後の8シーズン目で初めてだろう。今季は浜松でのホームゲームが3試合しかないだけに、今後も大事に戦いたい。

 

開幕2連勝だが、随所に見られた寄せの甘さ、横パスのズレは修正が必要。特に前半のロースコアの時間帯は、アラへのパスをカットされてゴール前に持ち込まれるシーンが目立った。後半に少なくとも3回はあった決定機を決め切れなかったのも課題だ。厳しい見方をするなら、このゲームは8対0で終えなくてはいけなかった。

 

豊島明監督は「前半の山場」とする次節のボルクバレット北九州戦について、「勝てば一気に波に乗れると思う。しっかり勝って戻ってくる」と話した。

 

▼アグレミーナ浜松 5-1 トルエーラ柏
5分 日永田祐作(浜松)1-0
12分 山桐正護(浜松)2-0
15分 須藤慎一(浜松)3-0
16分 野嶋倫(浜松)4-0
24分 柴田祐輔(柏)4-1
38分 萩原洪拓(浜松)5-1

 

▼アグレミーナ浜松・豊島明監督コメント
「立ち上がりに攻め込まれてしまったが、早い段階で点を取れてしっかりゲームを作れた。一方で、1失点は防がなくてはいけなかったし、もう2、3点取れた。(こうした点については)選手に要求していく。ポジティブに考えれば、ここでパーフェクトなゲームしてしまって山場の次戦にゆるんでしまうより、多少ダメな点があった方がピリッとした空気が作れる」
-前半はずいぶん慎重な立ち上がりだった。
「相手の出方を見てやっていこうと話したが、ボールにプレッシャーがかかっていなかった。(大きく)蹴られたり、12番(林賢治選手)に右サイドを2回抜かれたりしたので、セット交代時やタイムアウトで9番と12番のケアをしようと話した。2人を抑えることで、グッと流れを引き寄せられた」
-相手は14番の柴田選手が中に入りこんだり、9番樋口選手がロングボールを収めたりして、攻撃の起点になっていた。
「ストロングポイントは9番、12番、14番だと思っていた。特に9番は想定以上に身長が高く、ロングボールが収まってしまう。でも、そこは入っても仕方がない。ただ、相手は1枚しか抜けてこないので、ピヴォをマンツーマンで抑えて、シュートや(決定的な)落としを防げればいいと思った」
-雨の金曜日夜にも関わらず、1250人が駆け付けた。
「ありがたい。今季のチームスローガンに掲げているが、チームと組織、サポーター、スポンサーが四つの柱。クラブに関わる全ての人々が同じ目標に向かって突き進んでいくという一体感を高めたい。今季は集客も含めた浜松の強みを見せる。こんなにお客さんがいるし、良いゲームができているという姿。それを一つ一つ積み上げて、もう一度あの舞台(F1)に戻れれば理想的だ。ぜひF2優勝と昇格を達成したい」
-優勝と昇格に向けて、次節ボルクバレット北九州戦は山場となる。
「F1は試合数が多いので、修正のための期間が短くならざるを得ず、精度が落ちてしまう。今季はF2に落ちてしまったが、ゲームとゲームの間に準備期間がしっかりあるため、ゲームに向けての精度を上げていける。次戦は勝てば一気に波に乗れると思う。しっかり勝って戻ってくる」

 

▼アグレミーナ浜松・中村友亮選手コメント
「前半の相手の時間帯をうまく我慢できた。いい時間帯に3点取れたのがよかった。ただ、前半の終わりに底辺でミスが出てしまった。後半は気持ちの余裕が出てしまって、決められず、逆にゴールを許した。(相手に)『浜松は強い』と思わせるために、もっと得点を重ねたかった」
-立ち上がりは仕掛けを封印していた。
「ビデオでは確認していたが、対戦したことがなかったので、相手の特徴について分からないところがあった。探りながらのゲーム運びだった」
-相手を突き放した3点目がゲームの流れを決定づけた。
「相手の間に斜めに抜けたら、(田中)智基さんからむちゃくちゃいいボールが来た。本来は一発で僕が決めていなくてはいけない。1回(シュートを)打って外れたが、(須藤)慎さんが良いポジションにいたのでパスした」
-大勢の観客がゲームを見守った。
「子どもたちも含めて、大きな声援をもらって本当にありがたい。選手同士の指示が聞こえないほどの大きな応援だった。カテゴリーが落ちてもこうやって見に来てくれる人がいる。皆さんと1年でF1に上がるところを共有したい。結果にこだわってやるだけだ」

 

▼トルエーラ柏・松田大次郎監督コメント
「浜松のホーム開幕戦ということで、会場の雰囲気がとても良かった。良い環境で試合をやらせてもらった。負けてしまったが、開幕2試合目でまだチームを作っている段階。選手はよくやってくれたと思う」
-立ち上がりはペースを握っていたが、ミスから失点を重ねた。
「選手にはどの位置で何をするかについて話をしているが、まだ改善しなくてはいけない。ただ、これは僕がアプローチするべき点。選手は一生懸命やってくれていた」
-攻撃時に柴田選手が相手4枚の中央にポジションを移す場面が多く見られた。
「ピヴォを2枚にするという意図はなく、自然にああいう形になった。相手の真ん中でボールを受けようというのは狙いだった」
-2連敗となったが。
「悪い方向には進んでいない。今日は負けてしまったが、だらだらとした試合はしていない。ただお金を払ってもらっている以上、勝利を目指す必要がある。チームとして、クラブとして結果がほしい」

 

※TEXT & PHOTO :橋爪充

 

 

開催日:2015年6月14日(日)
会場:静岡県・浜松アリーナ
試合時間:前後半20分、ハーフタイム10分
写真・文/橋爪充

MEMBER OF THE GANGがPRIDE/futsal arenaを一蹴し、2015シーズンを白星でスタートさせた。

私は2008年度から東海フットサルリーグを見ている。MOTGは、それ以後ずっと1部で戦っている。詳しい資料に基づいて書かないことをお許しいただきたいが、少なくとも8年間、地域のトップカテゴリーから落ちていない。アマチュアのフットサルチームとして、これは簡単に成し遂げられることではない。Praia Grandeが2部降格した今季、特にそう思う。

そんなMOTGの今年最大のトピックは、関西リーグのJOYやフュンフバインなどで活躍した大谷真一の新加入。兄純一は一足先に昨季、同チームに入団している。本人もシーズン途中から、コーチとしてベンチ入りしていた。「フットサル界最強の双子」とも言うべき二人がそろい、MOTGは意気揚々と新シーズンを迎えた。

立ち上がりは互角の展開。MOTGは1分、左からカットインした木村雄一が右足シュートを決めて先制。プライドも6分、FKから今枝郁巳が突き刺して同点に追いつく。
6分、大谷純一が本領を発揮する。右CKから中央の中森康介が打ったシュートのこぼれにいち早く反応。左足でネットを揺らした。瞬時の反応が奪った勝ち越しゴールだった。

9分にはこの試合初めて「兄弟共演」が実現。基本的には別のセットに入る2人だが、入れ替えの過程でチャンスも作った。MOTGは15分に大谷純一がこの試合2ゴール目。17分、19分には有木伸、古川翔というこのチームとしては「若手」の2人も得点し、前半でゲームを決めた。

試合は6対1で決した。後半の立ち上がりこそプライドの前からのプレスが威力を発揮したが、MOTGはファーストセットにチェンジしてこれをいなし、以後の時間帯を優位に進めた。日下敬夫選手兼監督は「後半に1点しか取れていないのが課題」としつつも、初戦の快勝に安どの表情だった。「まだ優勝したことがない。今年こそぜひ優勝し、地域チャンピオンズリーグにも出場したい」と目標を語った。

プライドは力負けの印象。渡邉淳史監督は「想像以上に相手が出来上がっていた」と脱帽した。高い位置でのプレスが機能した時間帯もあったが「前半からできないとこういう結果になってしまう」と悔しさをかみしめた。

[試合結果]
MEMBER OF THE GANG 6-1 PRIDE/futsal arena

[得点経過]
1分 1-0 木村雄一(MOTG)
6分 1-1 今枝郁巳(プライド)
6分 2-1 大谷純一(MOTG)
15分 3-1 大谷純一(MOTG)
17分 4-1 有木伸(MOTG)
19分 5-1 古川翔(MOTG)
39分 6-1 古川翔(MOTG)

【開始早々、MOTG木村雄一が右足を振りぬいて先制ゴールを決めた】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【加入後初登場のMOTG大谷真一】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【開幕戦2ゴールの大谷純一。リーグ得点王候補の一人】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【MOTG中森康介とプライド今枝郁巳のマッチアップ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【関西リーグミキハウスからプライドに新加入した仁藤宏史】

 

【前半7分、ゼブラはセットプレーから先制】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催日:2015年6月14日(日)

会場:静岡県・浜松アリーナ
試合時間:前後半20分、ハーフタイム10分
写真・文/橋爪充

XEBRAがDELIZIA磐田との静岡ダービーを制した。2部だった2011年度以来の開幕戦勝利。取って取られてのシーソーゲームをモノにし、今シーズンの優勝戦線に名乗りをあげた。

試合開始直後からゼブラがペースを握る。3分、最後尾の松浦公亮から前線の佐野敦司に見事なスルーパスが通る。ここはデリッツィアのゴレイロ杉本陽一が前に出てシュートブロック。6分にも宮内護のパスを受けた佐野がゴレイロとの1対1に持ち込む。ここも杉本がブロック。ゼブラは「スカウティング通り」(中森政孝監督)の攻撃で、決定機をいくつも作り出す。

先制はゼブラ。ゴール前のFKから松浦が壁の隙間を突いた。ゼブラは一時デリッツィアにリードを許すも、14分には佐野が右CKを豪快に蹴りこんで追いついた。前半はこのまま終了。デリッツィアの最終ラインのほころびを見逃さないゼブラの攻撃が印象的だった。

後半、先手を取ったのはデリッツィア。23分、左キックインから鳥居祐希がノールックパスを右に通し、門田雄輔がこれを沈めた。
ゼブラは30分、相手の連係ミスをついて佐野が同点ゴール。33分には松浦からのロングパスを榎戸亮介が決めて逆転。デリッツィアは試合終了間際に、那須信夫、門田のシュートが続けざまにバー、ポストに嫌われる。結局、ゼブラが4対3で勝利した。

試合後のゼブラ中森監督はしてやったりの表情だった。「昨季からオフなしで、戦術的な動きに取り組んでこの日を迎えた。3点取られたが、守備が崩されたとは思っていない」と胸を張った。今シーズンの目標について、「もちろん優勝。先を見ないで、(対戦相手への)対策をとって一戦一戦積み上げていきたい」と力強く語った。

デリッツィアは昨季に続く開幕黒星スタート。今季も選手兼任で指揮を執る千葉武は「DFがフラットになったところで裏を突かれた」と失点シーンを振り返った。「リスクを負うところ、追わないところの判断が個々に違う」ことを課題に挙げた。

[試合結果]
XEBRA 4-3 DELIZIA磐田

[得点経過]
7分 1-0 松浦公亮(ゼブラ)
7分 1-1 林幸登(デリッツィア)
11分 1-2 河合高宏(デリッツィア)
14分 2-2 佐野敦司(ゼブラ)
23分 2-3 門田雄輔(デリッツィア)
30分 3-3 佐野敦司(ゼブラ)
33分 4-3 榎戸亮介(ゼブラ)

【ゲーム全体を通じてシャープな動きを見せたゼブラ松浦公亮】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【決勝点を挙げたゼブラ榎戸亮介】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【デリッツィア横山正浩(左)とゼブラ佐野敦司のマッチアップ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【シュート6本を放ったデリッツィア蔭平広大】