選抜ユニフォームサプライヤー
デスポルチ
デスポルチ

連盟スポンサー
デスポルチ
デスポルチ

ミカサ
(株)ミカサ

宝くじのマスミ
宝くじのマスミ

■ カテゴリー
■ アーカイブ

Archive for the ‘全日本選手権’ Category

全日本選手権1次ラウンド3日目グループA第2試合

▼12:15キックオフ

バルドラール浦安(Fリーグ)対ヴォスクオーレ仙台(Fリーグ)

▼先発

浦安=GK藤原、小宮山、加藤、星、大橋

仙台=GK矢澤、千葉、永村、内野、伊藤

0分:キックオフ。1次ラウンド2勝同士の顔合わせ。得失点差の関係で、浦安は引き分け以上で決勝トーナメント進出決定。仙台は勝利が必要。(浦安0-0仙台)

1分:浦安、左キックインから加藤が左足で狙うがゴール右。(浦安0-0仙台)

1分:浦安、ゴール前でチャンスを作り、左から大橋がシュート。仙台GK矢澤が面を作って胸でセーブ。(浦安0-0仙台)

2分:浦安、激しいディフェンス。仙台、それを潜り抜けて伊藤が左サイドライン際を突破。シュートまで持ち込むもゴール右。(浦安0-0仙台)

2分:浦安、セットチェンジ。ケニー、チュス、野村、荒巻。仙台もセットチェンジ。田口、松木、永村、佐々木諒。(浦安0-0仙台)

3分:浦安、左CKはケニーが蹴るが、右サイドラインに抜ける。(浦安0-0仙台)

4分:浦安、セットチェンジ。中島が左から切り込みシュート。矢澤のセーブを小宮山が遠目からシュート。DFに当たる。(浦安0-0仙台)

5分:仙台、井上、三上、藤山、堀内のセット。(浦安0-0仙台)

6分:浦安、中島のパスを星が胸で落とし、走り込んだ加藤がシュートするもGK矢澤の正面(浦安0-0仙台)

7分:浦安、ケニーと野村がパス交換して崩そうとするが、最後は呼吸が合わず、ボールjは右サイドラインを切る。(浦安0-0仙台)

7分:浦安、先制!カウンターから右サイドライン際をケニーが疾走。左サイドのチュスに渡して折り返しをケニーが蹴り込む。(浦安1-0仙台)

8分:浦安、速いパス回しで攻め込む。仙台もハイプレスで対抗。(浦安1-0仙台)

9分:浦安、松山、加藤、お箸、小宮山。仙台は南本、田口、松木、佐々木諒。(浦安1-0仙台)

10分:仙台、前からつっかける。裏を狙う浦安はケニーが左サイドで仕掛け、逆サイドフリーの野村へ。野村のシュートはポスト。(浦安1-0仙台)

11分:仙台、南本とのワンツーで松木が左サイドを抜け、折り返すがGK藤原がキャッチ。(浦安1-0仙台)

11分:浦安、カウンターでケニー→右サイドのチュスにパスが入るが、シュートはゴール右。(浦安1-0仙台)

12分:浦安、加藤、中島、星が有機的に絡んで華麗なパス回し。中央星から距離を測った柔らかなパスが右の中島に通り、GKと1対1.シュートはサイドネット。館内に悲鳴が響く。(浦安1-0仙台)

13分:仙台、内野が星にしつこいディフェンス。ボールを奪い取るもその後のパスが続かない。右サイドでの攻防を制した星が、ファーの加藤に浮き球パス。これを華麗に合わせて浦安、2点目。(浦安2-0仙台)

14分:仙台、右サイド奥に進入した三上がシュートを放つもGK藤原がしっかり押さえる。(浦安2-0仙台)

15分:浦安、松山のヒールパスを小宮山がダイレクトで合わせるが、GK矢澤の正面。(浦安2-0仙台)

16分:浦安、右キックインから松山がワンタッチで前に持ち出し、左足シュート。サイドネット。(浦安2-0仙台)

17分:浦安、タイムアウト。(浦安2-0仙台)

17分:浦安、追加点。ペナルティエリア少し外のFKから中島がずらし、荒牧が蹴り込む。(浦安3-0仙台)

18分:押し込む浦安。仙台にボールを触らせない。(浦安3-0仙台)

18分:浦安、高い位置でボールを奪い、右サイドでフリーになった松山がシュート。GK矢澤がブロック。(浦安3-0仙台)

19分:お互いにカウンターの取り合い。仙台堀内が独力で右サイドを持ち出し、シュートを放つがGK藤原がよくブロック。(浦安3-0仙台)

20分:前半終了。浦安が、仙台の速攻を封じ、3点を先行。(浦安3-0仙台)

20分:後半キックオフ。浦安はGK藤原、荒牧、ケニー、チュス、野村。仙台はGK矢澤、藤山、千葉、三上、伊藤。(浦安3-0仙台)

21分:仙台、1点返す!カウンターの取り合いから藤山がドリブルで持ち込み、DF二人の間を狙いすましたシュート。ゴール左に決まる。(浦安3-1仙台)

22分:仙台、横パスを食い取った藤山、再び左サイドを疾走。シュートはゴール上。(浦安3-1仙台)

22分:浦安、セットチェンジ。中島、小宮山、加藤、星。(浦安3-1仙台)

23分:仙台、藤山が二人を交わして中に切れ込み、左にラストパス。三上が滑るも届かず。(浦安3-1仙台)

23分:仙台、追加点!カウンターから堀内がドリブルで持ち込み、逆サイドの藤山が合わせる。(浦安3-2仙台)

24分:仙台、フィクソの井上からの浮き球パスを堀内が狙うがシュートできず。ピヴォの堀内に縦パスが入るシーンが目立ちだす。(浦安3-2仙台)

25分:仙台、追加点!カウンターから堀内がドリブルで持ち込み、逆サイドの藤山が合わせる。(浦安3-2仙台)

26分:浦安、堀内からボールを奪った荒牧が前に運ぶが、右サイドに出たケニーには合わず。(浦安3-2仙台)

26分:仙台、ボールキープ。浦安がプレスをかけてじわじわと追い込む。(浦安3-2仙台)

27分:仙台、右サイドライン際を伊藤が突破。ゴール前に送ったボールに三上が触るが、ゴール右。(浦安3-2仙台)

28分:浦安、ケニーの右サイドキックインからチュスが裏に出てループシュートを狙うが、GK矢澤が落ち着いて対応。(浦安3-2仙台)

28分:浦安、仙台藤山の不用意なパスをチュスがさらってフリーでシュートするがゴール左。(浦安3-2仙台)

29分:仙台、左サイドでボールを奪った南本がそのまま持ち込み右足シュート。GK藤原が上にはじく。(浦安3-2仙台)

29分:仙台、左キックインのこぼれに井上が突っ込むが、ゴール上。(浦安3-2仙台)

31分:仙台は三上、南本、堀内、伊藤のセット。パスがつながりだす。(浦安3-2仙台)

32分:仙台陣内左サイドで浦安野村と、仙台GK矢澤が激しく交錯。矢澤にYC。(浦安3-2仙台)

37分:仙台、内野をGKに据えてパワープレー開始。ゴール前に人数を割き、松木が同点ゴール!(浦安3-3仙台)

38分:仙台、パワープレーに入れない。浦安が小宮山、星、荒牧、チュスのセット。(浦安3-3仙台)

38分:浦安のDFが効果的。小宮山がダブルタッチで中央に進入し、左足でシュートを放つがGK矢澤がキャッチ。そのままドリブルで持ち上がりシュート。GK藤原セーブ。(浦安3-3仙台)

39分:浦安、タイムアウト。このまま引き分けで終われば決勝トーナメント進出が決まる。(浦安3-3仙台)

39分:浦安、左サイド星のボールキープから走り込んだ小宮山がゴール!!大きくガッツポーズ!(浦安4-3仙台)

40分:試合終了。浦安が残り1分の小宮山ゴールで勝ち越し。勝利で代々木進出を決める!(浦安4-3仙台)

 

バルドラール浦安米川正夫監督コメント

「前半は狙いどおりのゲーム運びができた。後半はメンタル的に緩さが出てしまった。最初の3分ぐらいで2点取られたのは、チームとしての甘さ。仙台はスカウティングしたとおりのチームだったが、若い選手が多いこともあり、1点差に迫る2点目が入ったことで乗せてしまった。リーグ戦とはまったく違うチームになっていて、カップ戦ならではの現象だと思った。同点に追いつかれてからは、引き分けでもOKであることを意識させつつ、時間が進むにつれてチャンスがあれば狙う展開になった。決勝トーナメントでは、チームのベースになるセットの深度を深め、プラスアルファを考えたい」

ヴォスクオーレ仙台井上卓選手コメント

「きのうは3月11日という特別な日の試合に勝つことができ、チームが一つになってきょうの試合に臨むことができた。前半で3点のリードを許したが、直前の試合でミカロ仙台が同じ展開から逆転勝利を収めたので、同じことが自分たちにもできる、と話し合った。後半の立ち上がりは今シーズンで一番気持ちが入っていた。勝ちきれなかったことが悔しい」

全日本選手権1次ラウンド3日目グループA第1試合

▼10:00キックオフ

ランブレッタ福岡(九州第1代表)対ミカロ仙台(東北代表)

▼先発

福岡=GK松井、薮内、坂本、下野、安河内

仙台=GK安海、山田真、山田琢朗、奥山、崎山

0分:キックオフ。地域リーグの雄同士の戦い。マニアにはたまらない顔合わせ。(福岡0-0仙台)

1分:福岡、細かいパス回しで仙台ゴールにじわじわと迫る。下野がファーストシュート。GK安海がキャッチ。(福岡0-0仙台)

3分:福岡、下野がマークをずらして右足シュート。GK安海が左に飛んでかろうじてセーブ。福岡セットチェンジ。高田、花堂、小川、吉田。中央でボールを受けた吉田が反転して左足シュート。福岡先制!(福岡1-0仙台)

4分:仙台もセットチェンジ。小原、伊藤尚人、阿部、佐藤。(福岡1-0仙台)

5分:仙台、右サイドの阿部を使ってパラレラで抜けた佐藤が右足シュート。ゴール左。(福岡1-0仙台)

5分:福岡、薮内の大きなサイドチェンジを坂本が頭で落とすも、仙台小原がカット。(福岡1-0仙台)

6分:福岡、仙台陣内で優位にゲームを進める。左CKからゴール前の混戦を制した安河内がシュート。ゴール上。(福岡1-0仙台)

7分:仙台、プレスラインを上げる。山田真、山田琢朗、門間、奥山。(福岡1-0仙台)

8分:福岡、仙台の守備網にパス回しが寸断される場面が増える。(福岡1-0仙台)

9分:福岡、薮内のパスをゴール右で受けた安河内がGKと1対1。粘ったGK安海の勝ち。(福岡1-0仙台)

10分:福岡、安河内、中央に入った薮内を経由して左サイドから下野がシュートを放つもゴール右。(福岡1-0仙台)

11分:仙台、右CKから奥山スルー、崎山がファーの松浦めがけてシュート。うまくヒットせず。(福岡1-0仙台)

12分:仙台、GK安海が長いパスを相手ゴール前に送るが頭で競った松浦はGKとの交錯でファールを取られる。(福岡1-0仙台)

13分:お互い、中盤で激しいつぶしあい。(福岡1-0仙台)

14分:仙台、左サイドのFK。阿部が強いシュートでゴール右上を狙うがGK松井がキャッチ。(福岡1-0仙台)

14分:仙台、左サイドの競り合いを制した阿部が前進。シュートを放つもGK松井の正面。セーブの跳ね返りを松浦が押し込もうとするがゴール右。(福岡1-0仙台)

15分:仙台、押せ押せ。左サイドでボールキープした伊藤尚人が左足シュート。サイドネット。(福岡1-0仙台)

16分:仙台、阿部が左サイドからマタギフェイントを入れて中央へ。シュートはGK松井の正面。(福岡1-0仙台)

16分:仙台、右サイドの攻防からルーズになったボールを奥山が左足でGK松井が上に跳んでセーブ。(福岡1-0仙台)

18分:福岡、カウンターからジグザグにピッチを切り裂いた大久保が左足シュート。GK安海がキャッチ。(福岡1-0仙台)

19分:仙台、左CKから小原が左足で強シュート。GK松井が上にセーブ。素晴らしいシュートだった。(福岡1-0仙台)

19分:福岡、相手のミスパスを右に展開。ペナルティエリア内で勝負した武田に対して、小原がハンドの反則。福岡のPK。(福岡1-0仙台)

19分:福岡、下野がPKを決めて追加点。(福岡2-0仙台)

20分:福岡、薮内が第2PKを決めて3点目。直前のプレーで相手を倒した仙台阿部にYC。(福岡3-0仙台)

20分:前半終了。先制した福岡が、中盤以降の仙台の猛攻をしのぎ、終了間際に2点を追加。(福岡3-0仙台)

20分:後半キックオフ。福岡は、GKを百田にチェンジ。薮内、下野、武田、坂本。仙台はGK安海、門間、山田琢朗、奥山、松浦。(福岡3-0仙台)

21分:前半同様、細かいパス交換で主導権を握りにかかる福岡。仙台はカウンターから奥山が持ち上がり、左の松浦がシュート。左ポスト。(福岡3-0仙台)

22分:仙台、左からカットインした奥山が強シュート。Gk百田が左に跳んでセーブ。(福岡3-0仙台)

24分:福岡、左サイドライン際で吉田が勝負。仙台小原が倒してYC。(福岡3-0仙台)

25分:仙台、フィクソの小原からのパスを受けた佐藤が右サイドをえぐるが、DFに囲まれる。(福岡3-0仙台)

26分:福岡、横パスをさらって小川が中央突破。左の吉田がダイレクトシュートを打つが、GK安海がセーブ。(福岡3-0仙台)

26分:お互いに横パスのミスが続く両チーム。カウンターのピンチを招いたり、選手間の呼吸が合わずにパスがサイドラインを割ったり。(福岡3-0仙台)

27分:福岡、安河内の縦パスを受けた薮内が左サイドライン沿いからシュートを放つがゴール上。直後、同様に左サイドを崩すが、薮内の折り返しは惜しくも下野に合わず。(福岡3-0仙台)

28分:福岡は、吉田、武田、大久保、小川のセット。仙台、佐藤の左サイド突破の折り返しに阿部が体ごと突っ込むが、右ポスト。(福岡3-0仙台)

30分:仙台、自陣ゴール前の競り合いから小原が前線に浮き球パス。反応した伊藤尚人をペナルティエリア少し外でGK百田が倒してFK。(福岡3-0仙台)

30分:仙台、FKを崎山が直接沈めた!(福岡3-1仙台)

31分:仙台、息を吹き返した。前線からプレッシャーをかけ続け、奥山が中央からシュート。GKが後ろにそらしたところを松浦がプッシュ。ネットを揺らす。(福岡3-2仙台)

32分:福岡はGKを松井にチェンジ。(福岡3-2仙台)

32分:福岡、相手パスミスをさらった吉田が中央突破。シャツに2回手をかけた仙台松浦にRC。仙台は数的不利で戦うことに。(福岡3-2仙台)

33分:福岡、安河内、薮内、下野、坂本で攻め立てる。仙台は小原、伊藤尚人、奥山で必死の守り。(福岡3-2仙台)

33分:福岡、下野が左にでてシュートするもサイドネット。(福岡3-2仙台)

34分:福岡、薮内の縦パスをGK前の安河内が右足アウトで合わせるもゴール上。(福岡3-2仙台)

34分:仙台、数的不利の時間帯をしのいだ。山田琢朗がピッチに入る。(福岡3-2仙台)

35分:仙台、崎山をGKに据えてパワープレー開始。(福岡3-2仙台)

35分:仙台、カウンターから小原の優しい前線へのパス。山田琢朗を経由して、左の奥山が強シュートを放つがゴール上。(福岡3-2仙台)

36分:仙台、同点!パワープレーから、小原のパスを山田琢朗が蹴り込んだ。(福岡3-3仙台)

37分:仙台、パワープレー続行。崎山、山田琢朗、小原、伊藤尚人、奥山。(福岡3-3仙台)

38分:仙台、逆転!山田琢朗の強シュートをゴール前にいた大石がダメを押すように蹴り込んだ。(福岡3-4仙台)

39分:仙台、一気呵成に追加点。伊藤尚人がハーフライン付近からスピードに乗ってドリブル突破。そのまま右足を振りぬいた。(福岡3-5仙台)

40分:試合終了。仙台が退場者を出しながら、パワープレーで逆転勝利。(福岡3-5仙台)

ミカロ仙台山田真監督兼選手コメント

「前半は早い時間に失点したが、徐々にやれることが増えてきた中でPKを取られた。ハーフタイムには『やれていないわけではない』と伝え、自陣でのミスを少なくしようと話した。後半は退場者を出した時間帯をしのげたのが大きい。3人での守り方の練習をしていた選手をピッチに送り出し、ベンチではパワープレーの準備をしていた。全日本選手権では、東北では味わえないレベルの高さを感じられた。この経験を、今後のチームに生かしていきたい」

 

ランブレッタ福岡安河内賢人選手コメント

「前半を終えて3対0だったが、崩して取ったわけではなかったので、後半もしっかりやろうと声をかけた。後半は相手との経験値の差が出てしまったように思う。パワープレーの場面ではこちらが勝っているのに焦りがあった。今大会はどこか、メンバー全員が同じ方向を見ていないようなところがあった。地域チャンピオンズリーグのベスト4がまぐれではなかったことを示したかったが残念だ」

全日本選手権1次ラウンド2日目グループB第2試合

▼16:45キックオフ

府中アスレティックFC(Fリーグ)対柏トーア’82(関東第3代表)

▼先発

府中=GK田中、皆本、上福元、渡邉、柴田

柏=GK半田、中田、根津、馬場、山上

0分:キックオフ(府中0-0柏)

1分:府中、右サイドで渡邉がボール奪取。柴田がシュートに持ち込む。(府中0-0柏)

2分:柏、最後方から中田が右サイドを持ち上がるがDFにブロックされる。(府中0-0柏)

3分:最前線で根津が跳ね返す。いつもと変わらずベンチの元気がいい柏。(府中0-0柏)

3分:府中、上福元がゴール右で相手を背負って起点を作るが、折り返しは渡邉が合わせられず。(府中0-0柏)

4分:府中、セットチェンジ。完山、永島、岡山、小山。柏、カウンターのカウンターから国本が右サイドを駆け上がり、ファーで田中が合わせるもゴール上。(府中0-0柏)

4分:柏、ゴール前でFKのチャンス。田中がちょんと出したところを馬場がゴール左上を狙って蹴るが味方に当たってしまう。(府中0-0柏)

5分:柏は磯崎、長坂、国本、田中のセット。(府中0-0柏)

5分:柏、小山へのピヴォあてから永島が強シュート。GK半田がブロック。(府中0-0柏)

6分:府中、自陣右コーナーから完山が左サイド奥の小山へロングパス。柏DFがブロック。(府中0-0柏)

7分:柏、馬場の浮き球パス。山上が反応し、根津がシュートまで持ち込むがヒットせず。(府中0-0柏)

8分:府中、ワンツーで中央突破した渡邉がゴール前に迫るがシュートパスはGK半田がカット。(府中0-0柏)

9分:柏、カウンターから右サイドを馬場が抜けだす。GK田中がブロック。こぼれを根津が拾ってシュートに持ち込む。GK田中、エリア外でハンド。YC。(府中0-0柏)

10分:府中、先制!右サイドFKから完山のパスをファーの柴田が蹴り込んだ。(府中1-0柏)

12分:柏は西形、田中、長坂、磯崎。府中は完山、小山、関、岡山。(府中1-0柏)

14分:府中、柴田のボールキープ。柴田とのコンビネーションで右サイドを崩しシュートするもDFに当たる。(府中1-0柏)

15分:柏、中田にYC。(府中1-0柏)

15分:府中、タイムアウト。(府中1-0柏)

16分:柏、馬場と中田がカウンター発動。持ち上がるが皆本がブロック。(府中1-0柏)

17分:膠着状態。(府中1-0柏)

20分:前半終了。体格に勝る府中が前線で起点をつくり、優位を保つ。(府中1-0柏)

 

20分:後半キックオフ。柏は馬場、中田、山上、根津。府中は渡邉、柴田、上福元、皆本。(府中1-0柏)

21分:柏、馬場が単独で右サイドを抜け出すも府中DFがカット。(府中1-0柏)

22分:府中はカウンターのカウンターから、渡邉が持ち込み、最後は柴田がシュート。柏根津が身を挺してブロック。ベンチが盛り上がる。(府中1-0柏)

22分:府中、セットチェンジ。永島、完山、岡山、小山。柏もセットチェンジ。長坂、国本、磯崎、田中。(府中1-0柏)

23分:府中、前線のスペースにボールがこぼれたところを小山がたたくがゴール右。(府中1-0柏)

24分:府中、右サイド奥で小山が起点を作り、柴田がシュートを放つもGK半田がセーブ。(府中1-0柏)

24分:柏、右サイドを抜け出した長坂がラインぎりぎりから折り返すが、磯崎のシュートはゴール上にふかしてしまう。(府中1-0柏)

25分:府中、左サイド奥で小山が起点を作り、弧を描くようにして入ってきた完山がたたくもDFにかすってゴール右。(府中1-0柏)

26分:柏、旋回気味にボールを回し、左奥の馬場がワンタッチで前線へパス。反応した高村がシュートを打とうとするが、DFに阻まれる。(府中1-0柏)

27分:柏、ボールキャッチした半田が素早く前線へ。反応した馬場が裏に抜け出すが、シュートはうまくヒットせず。(府中1-0柏)

28分:柏、山上が左サイドで突破を図るが倒される。馬場のFKはDFに当たる。(府中1-0柏)

28分:柏、前から激しいプレス。府中完山が苦し紛れに蹴ったボールを中田が拾いシュート。DFに当たってコースが変わり、ゴール右へ。(府中1-0柏)

31分:柏、長坂が高速ドリブルで左に流れ、シュートを放つもサイドネット。その後の接触プレーを巡って異議を唱えた柏西形にYC。(府中1-0柏)

31分:柏、セットチェンジ。馬場、中田、高村、山上。(府中1-0柏)

32分:柏、中盤でボールを拾いカウンター。3対2の状況になりかけるが、左サイドからの山上のシュートはGK正面。(府中1-0柏)

33分:柏、左サイドキックインから中央でボールを持った中田が振りの速いシュートを放つが、GKの正面。(府中1-0柏)

33分:府中、追加点。左サイドの皆本のキックインからゴール前の混戦を柴田が制した。(府中2-0柏)

35分:柏、5ファール。(府中2-0柏)

36分:府中、右サイドの完山からの縦パス、岡山に通るがシュートはGKに当ててしまう。(府中2-0柏)

37分:柏、馬場をGKにパワープレー。代わりばなを渡邉に狙われ、そのままゴール前に持ち込まれ追加点を喫する。(府中3-0柏)

38分:柏、ゴール!山上が押し込む。(府中3-1柏)

39分:柏、タイムアウト。残り54秒。(府中3-1柏)

40分:試合終了。府中が手堅く勝利。府中はあすの浜松戦、引き分け以上で決勝トーナメント進出。(府中3-1柏)

 

府中アスレティックFC皆本晃選手コメント

「トップリーグのチームを倒そうという相手のモチベーションが高く、非常に難しい試合になった。3対1というスコアだが、本当はもっと力の差を見せなければいけなかった。あすの浜松戦は引き分けでも決勝トーナメントに進める状況だが、リーグ戦で1勝1敗1分の相手だけに、引き分けでOKという気持ちで臨んでしまったら勝てない。チームはリーグ終盤戦からプレーオフを経て、いい状態を保っている。優勝は狙う力は十分にあると思う」

 

柏トーア’82西形彰浩選手コメント

「チャレンジャーとして、前からプレスをかけに行った。うまくハマったとは思うが、セットプレーの精度の差が出てしまった。特に2失点目は、こちらのイケイケムードの局面だったので、痛かった。あしたは地域チャンピオンズリーグの決勝で敗れている名古屋オーシャンズサテライトが相手。借りを返したい。選手権を勝って締めくくりたいというのは、相手も同じだろう。地域チャンピオンズリーグで得点王だった馬場が、この大会でゴールがない。ほかの選手の奮起に期待したい」

全日本選手権1次ラウンド2日目グループB第1試合

▼14:30キックオフ

アグレミーナ浜松(Fリーグ)対名古屋オーシャンズサテライト(東海第1代表)

▼先発

浜松=GK石黒、松本、松浦、山元、田中

名古屋サテ=GK尾関、北野、笠井、大薗、滝沢

1分:攻め込む名古屋サテ。大薗が左サイドから左足シュート。ゴール左。(浜松0-0名古屋サテ)

2分:浜松、左サイドから松浦がサイドチェンジ。萩原が頭で落とすが味方につながらない。(浜松0-0名古屋サテ)

2分:浜松、セットチェンジ。山桐、須藤、萩原、三井。呼応するかのように名古屋サテもセットチェンジ。水谷、岡田、脇山、新田。(浜松0-0名古屋サテ)

3分:名古屋サテ、左サイドのスペースに抜けた脇山に、水谷がサイドチェンジのパス。シュートまで持ち込むがゴール右。浜松GK石黒は古巣対決。(浜松0-0名古屋サテ)

4分:浜松、先制! 自陣からのカウンター、三井が左サイドからワンタッチで素晴らしいパスを前線へ。山桐がゴール左に決めた。(浜松1-0名古屋サテ)

5分:名古屋サテ、新田が脇山へのピヴォあて。お年を岡田がシュート。ゴールならず。(浜松1-0名古屋サテ)

6分:名古屋サテ、同点に追いつく!右サイドキックインからルーズになったボールを大薗が見逃さず、強烈な右足シュート。ゴール左に突き刺さった。(浜松1-1名古屋サテ)

7分:浜松はファーストセットに。(浜松1-1名古屋サテ)

8分:浜松、松浦が右サイドを疾走。名古屋サテがファールで止めてYC。(浜松1-1名古屋サテ)

8分:浜松、松浦、三井が強さを見せてゴール前までボールを運ぶ。三井の斜めのパスを松浦がダイレクトで合わせるもゴール右。(浜松1-1名古屋サテ)

9分:名古屋サテ、前プレスに来る浜松の裏を突き、滝沢がGKと1対1.切り返して外すもシュートはゴール左。館内に大きな悲鳴が。(浜松1-1名古屋サテ)

10分:浜松、高い位置に出てきた名古屋サテGK尾関を見定め、ループシュートを狙う。滝沢がハンドで止めてYC。浜松は野嶋、小池、銀島、曽根田のセットに。(浜松1-1名古屋サテ)

11分:名古屋サテ、新田、近藤、脇山、水谷。浜松のプレスを落ち着いて回避。(浜松1-1名古屋サテ)

11分:浜松、マーカーを外した野嶋が斜めのパス。曽根田スライディングするも届かず。(浜松1-1名古屋サテ)

12分:浜松は須藤、三井、萩原、山桐。ハイプレスで主導権を握ろうとするが、名古屋サテのプレス回避も巧み。(浜松1-1名古屋サテ)

13分:名古屋サテ、笠井が個人技で左から切り込みシュート。ルーズになったボールを大薗が拾い、再び笠井が無理な体勢からシュート。バーに当たる。(浜松1-1名古屋サテ)

14分:名古屋サテ、左サイドの笠井から中央の大薗へのパスは、浜松山元が寸断。(浜松1-1名古屋サテ)

16分:名古屋サテ、瀧澤が左サイドでマーカーを振り切って前に出る。折り返しは山元がブロック。(浜松1-1名古屋サテ)

16分:浜松、相手キックインの流れからボールを奪い、松浦がミドルシュートを放つもDFに当たる。(浜松1-1名古屋サテ)

17分:浜松、勝ち越し!ボールを持って上がったGK石黒が強烈なシュートパス。ファーにいた萩原が体に当てた。(浜松2-1名古屋サテ)

17分:名古屋サテ、タイムアウト。水谷、脇山、近藤、岡田。(浜松2-1名古屋サテ)

18分:浜松、追加点!キックインから萩原が放ったシュートパスを三井が体に当てる。(浜松3-1名古屋サテ)

18分:名古屋サテ、新田をGKにしてパワープレー開始。水谷、瀧澤、大薗、笠井。(浜松3-1名古屋サテ)

20分:前半終了。浜松がセグンドへのシュートパスの精度の高さを発揮し、3対1でリード。(浜松3-1名古屋サテ)

 

20分:後半開始。名古屋サテは大薗、笠井、水谷、瀧澤。GKユニフォーム姿の新田がベンチ前に立っている。浜松は松本、小池、萩原、山元。(浜松3-1名古屋サテ)

21分:名古屋サテ、新田をGKにしてパワープレー開始。(浜松3-1名古屋サテ)

21分:浜松、シュートキャッチした石黒が無人のゴールに蹴り込んで追加点。(浜松4-1名古屋サテ)

22分:名古屋サテ、大薗の強烈なシュートパスに笠井が飛び込むがゴール上。(浜松4-1名古屋サテ)

23分:浜松、前プレスをかけ続ける。競り合いに勝った田中が左の須藤へ。駆け上がった須藤のシュートはポスト直撃。名古屋サテはパワープレー解除。(浜松4-1名古屋サテ)

24分:名古屋サテ、今度は岡田をGKにしてパワープレー。大薗、瀧澤、笠井、水谷。(浜松4-1名古屋サテ)

25分:浜松、パワープレーのGK交代の間隙を突いて須藤が蹴り込んだ。追加点。(浜松5-1名古屋サテ)

25分:浜松、岡田がGK交代する隙を与えず萩原がゴール。(浜松6-1名古屋サテ)

26分:名古屋サテはパワープレー続行。岡田がGK。(浜松6-1名古屋サテ)

26分:浜松、自陣から松本がロングシュート。無人のゴールに決まって7点目。(浜松7-1名古屋サテ)

28分:浜松、名古屋サテのピヴォ封じ。脇山にボールが入るも田中が中央を切ってうまく対応。(浜松7-1名古屋サテ)

29分:名古屋サテ、ハーフライン付近でボールを拾った北野が突進。シュートを放つが石黒の守備範囲内。脇山の反転シュートも枠の外。(浜松7-1名古屋サテ)

30分:浜松、GKを岩崎に。岩崎も名古屋サテ出身。名古屋サテ、大薗がGKからのスローを胸トラップしてオーバーヘッドシュート。岩崎がキャッチ。(浜松7-1名古屋サテ)

30分:名古屋サテ、再び岡田をGKにしてパワープレー。(浜松7-1名古屋サテ)

31分:名古屋サテ、反撃ののろしを上げるゴール!パワープレーから瀧澤が左足一閃。(浜松7-2名古屋サテ)

31分:名古屋サテ、カウンターのカウンター。2対1の状況を作り出したが瀧澤からパスを受けた笠井のシュートはGK正面。(浜松7-2名古屋サテ)

32分:名古屋サテ、猛然と前プレス。笠井、大薗がGKまでプレッシャーをかける。右角で長いボールを受けた脇山の折り返しは瀧澤がうまくヒットさせられず。(浜松7-2名古屋サテ)

33分:名古屋サテ、徐々にペースを握る。大薗、脇山、北野、新田。リーグ戦ではあまりなかった組み合わせ。(浜松7-2名古屋サテ)

34分:名古屋サテ、左サイドで相手を追い込んでボールを奪った大薗が右足シュート。ゴール左に外す。(浜松7-2名古屋サテ)

35分:名古屋サテ、岡田GKでパワープレー続行。(浜松7-2名古屋サテ)

35分:名古屋サテ、右サイドを駆け上がった水谷が左の岡田に渡し、岡田が左足シュート。これが決まって3点目。あきらめない名古屋サテ。(浜松7-3名古屋サテ)

36分:浜松、野嶋、田中、須藤、曽根田のセットでボールを動かし、相手の勢いを消しにかかる。(浜松7-3名古屋サテ)

36分:名古屋サテ、4点目!脇山が相手を背負って落としたボールを新田が流し込んだ。(浜松7-4名古屋サテ)

38分:名古屋サテ、5点目!GK岡田が前線に持ち込み、こぼれを笠井が押し込んだ。(浜松7-5名古屋サテ)

39分:名古屋サテ、猛攻。何とかしのぐ浜松。(浜松7-5名古屋サテ)

40分:浜松がしのぎ切って連勝。館内から大きな拍手。(浜松7-5名古屋サテ)

 

アグレミーナ浜松保田健二朗監督コメント

「内容はともかく、勝ったということに満足している。立ち上がりはハーフで守っていたが、早い段階で前プレスに切り替えた。前半の中盤あたりから機能し始めたように思う。フィクソ3人、萩原、山元、小池には相手ピヴォを振り向かせないようなDFを指示していた。2連勝で府中と対戦するが、彼らはプレーオフも戦い、いい状態でここにきていると思う。局面の勝負に負けないようにしたい。どれだけ自分たちのペースを握れるかがポイント。1点の重みが大きいゲームになる」

 

名古屋オーシャンズサテライト若山伸太郎監督コメント

「昨日の府中戦は緊張もあったのか、動きに元気がなかった。きょうは、自信をもって臨もうと話をした。浜松とは練習試合の経験があるが、本番ではスイッチの入り方が違う、という話もした。昨日の結果で得失点差がマイナス5あり、決勝トーナメントに進出するためには少しでも得点を稼ぐ必要があった。前半からパワープレーを選択したのはそれが理由だ。練習では何度もやっているが、リーグ戦ではなかなか使う機会がなかった。緊迫した試合で悪いほうに出たと思う。あしたは地域チャンピオンズリーグの再戦となった。シーズンを負けて終わりたくない。全力で戦う」

全日本選手権1次ラウンド2日目グループA第2試合

▼12:15キックオフ

バルドラール浦安(Fリーグ)対ミカロ仙台(東北代表)

▼先発

浦安=GK税田、加藤、星、大橋、小宮山

仙台=GK小川、山田真、山田琢朗、奥山、崎山

1分:浦安、右サイドで背後からの縦パスを受けた星、切り返しを入れて左足でシュート。ゴール左。(浦安0-0仙台)

1分:仙台、東北の「レジェンド」崎山がハーフラインから中に切り込むがDF2人に阻まれる。(浦安0-0仙台)

1分:浦安、右サイドで背後からの縦パスを受けた星、切り返しを入れて左足でシュート。ゴール左。(浦安0-0仙台)

2分:浦安、星と小宮山のパス交換から小宮山がシュートを放つがDFにあたり、CK。加藤が蹴ったボールは左サイドに抜ける。(浦安0-0仙台)

2分:浦安、荒牧の浮き球パスを右に抜けだしたケニーがダイレクトでシュート。GK小川がナイスセーブ。(浦安0-0仙台)

3分:浦安は荒牧、野村、ケニー、チュスのセット。仙台は小原、大石、阿部、奥山のセット。(浦安0-0仙台)

4分:仙台、右CKから奥山がシュートパス。ファーポストにいた大石にドンピシャだったが、ゴールならず。(浦安0-0仙台)

5分:浦安、セットチェンジ。松山、星、小宮山、加藤。ピヴォに松山。星は下がり目。(浦安0-0仙台)

5分:浦安、中央星から左の松山へ。松山シュートを放つがGK小川セーブ。右CKから中央の加藤がライナー性のシュート。GK小川上にセーブ。(浦安0-0仙台)

6分:仙台、セットチェンジ。ファーストセットに。(浦安0-0仙台)

7分:浦安、松山、加藤、星で崩し、左サイドに相手を寄せてから小宮山がミドルシュート。DFにあたってCK。(浦安0-0仙台)

7分:浦安、松山が前線で収め、落としをもらった加藤が見事なダブルタッチで前へ抜ける。シュートに持ち込むが、スペースを消したGK小川がキャッチ。(浦安0-0仙台)

8分:浦安、セットチェンジ。岩本、野村、チュス、荒牧。(浦安0-0仙台)

9分:浦安、左CKから戻したボールを荒牧が縦に入れ、野村が反転シュート。ゴール左。(浦安0-0仙台)

10分:浦安、セットチェンジ。星、小宮山、加藤、大橋。仙台はなかなか攻めの糸口がみつからない。(浦安0-0仙台)

11分:浦安、左サイドFKから小宮山がゴール前の星に入れるが、ヒールシュートは不発。(浦安0-0仙台)

11分:浦安、再三再四、右サイドを加藤や大橋がつつく。仙台は折り返しを阻む場面が続く。(浦安0-0仙台)

12分:浦安、先制!荒牧、ケニー、チュス、野村のセット。右サイドでボールを持ったチュス、寄せがないと見るや、シュート。グラウンダーが左隅に決まった。(浦安1-0仙台)

13分:仙台、左CK。山田琢朗から松浦が左足シュートを放つがゴール上。(浦安1-0仙台)

13分:仙台、小原から前線の大石に鋭いパスが供給されるが、収まらない。(浦安1-0仙台)

15分:仙台、伊藤がカウンターで左サイドを駆け上がるもつぶされる。(浦安1-0仙台)

15分:浦安、左サイドキックインから加藤が前線の松山へ。松山シュートも上に外れる。(浦安1-0仙台)

16分:仙台、キックインから奥山がシュートを放つが左ポストを直撃。(浦安1-0仙台)

16分:浦安、加藤にYC。(浦安1-0仙台)

17分:浦安、追加点。相手ボールを奪って左サイドライン際から荒牧が中央の野村にシュート性のパス。野村、後ろ向きの体勢から、ヒールで合わせてゴール。仙台タイムアウト。(浦安2-0仙台)

19分:浦安、小野投入。左サイドライン際で星がボールキープから反転してグラウンダーシュート。惜しくもゴール右。(浦安2-0仙台)

20分:前半終了。浦安が試合を優位に進め、2点のリード。(浦安2-0仙台)

 

20分:後半キックオフ。浦安は野村、チュス、荒牧、加藤。仙台は崎山、奥山、山田真、山田琢朗。(浦安2-0仙台)

20分:浦安、左サイドから荒牧が入れたボールに加藤が頭で合わせにいくが、触れず。(浦安2-0仙台)

21分:浦安、野村が相手を背負って落としたボールを荒牧シュート。DFにあたってゴール右。(浦安2-0仙台)

22分:浦安、セットチェンジ。松山、小宮山、星、加藤。ゴール前FKの場面で小宮山→荒牧。何か仕掛けてくるか。(浦安2-0仙台)

22分:浦安、1プレーで小宮山再投入。左CKに小宮山突っ込むがゴール右。(浦安2-0仙台)

23分:仙台、大石のパスをパラで抜けた阿部が受け、ファーサイドめがけてシュートパス。誰も詰めていない。(浦安2-0仙台)

24分:仙台は、伊藤、小原、大石、阿部。浦安は、ケニー、岩本、荒牧、野村(浦安2-0仙台)

25分:浦安、前線でボールを奪い、野村が落とし。荒牧シュートもGK小川セーブ。野村再度シュートも上に外れる。(浦安2-0仙台)

26分:仙台、ボールホルダーのケニーに後ろからアプローチした崎山にYC。このFKはケニーを経由して野村がふわりと蹴り込む。浦安追加点。(浦安3-0仙台)

27分:。浦安、自陣右奥で星がうまくプレス回避し前線の野村へ優しいパス。落としを星が狙うがDFに阻まれる。(浦安3-0仙台)

27分:浦安、左サイドで加藤がボールキープ。ファーポストの松山がシュートパスを沈めて浦安4点目。(浦安4-0仙台)

29分:浦安、島田投入。チュス、荒牧、小野。(浦安4-0仙台)

29分:浦安、滑らかなボール回しから右サイド島田がミドルシュート。ゴール上に外れるも、ベンチの米川監督、高橋コーチから「そう!そう!」の声。(浦安4-0仙台)

31分:仙台、左サイドを崎山がドリブルで駆け上がる。浦安小野が阻止しYC。(浦安4-0仙台)

32分:仙台、崎山が前線でボールを奪い左サイドを突破。右に振って山田琢朗がシュートを放つもDFがブロック。(浦安4-0仙台)

33分:浦安、相手ミスを突き、チュスが左サイドで勝負。戻して荒牧がシュートを打つが、GK小川がキャッチ。(浦安4-0仙台)

33分:浦安、左サイドで松山がボールキープからゴール前に。岩本が突っ込んで追加点。岩本は全日本選手権、最年長ゴールではないだろうか。仙台は崎山をGKに据えてパワープレー開始。(浦安5-0仙台)

35分:仙台、崎山が扇の要、小原、山田琢朗、大石、奥山でパワープレー。(浦安5-0仙台)

37分:仙台、パワープレーをやめる。カウンターから山田琢朗、伊藤が鋭いシュート。GK税田が前に出てセーブ。(浦安5-0仙台)

39分:仙台、再び崎山をGKに。カウンターから2対2のチャンスを迎えるが、伊藤のトウシュートはゴール上。(浦安5-0仙台)

40分:仙台、ゴール左にポジショニングした崎山が蹴り、浦安の選手にあたってゴールイン。直後に試合終了。(浦安5-1仙台)

40分:終止ペースを握った浦安が連勝。(浦安5-1仙台)

 

バルドラール浦安米川正夫監督コメント

「シュート数に表れているように、全体的に自分たちのペースで試合を進めることができた。1次ラウンドの3試合、また来週を含めた6試合を見据えた選手起用もできたと思う。リーグ戦より早く、1分半から2分での交代を実現できた。選手のコンディションもよい状態にある。あしたの仙台戦に決勝トーナメント進出がかかるが、ポイントポイントで上回ることはできると思う。ゾーン気味のハーフからのディフェンスでカウンターを狙っているので、ボールの取られ方には注意したい。早い時間帯に点を取りたい」

 

ミカロ仙台山田真監督兼選手コメント

「浦安がうまいのは分かっていたが、その通りにやられてしまったという印象。先制点のシーンに象徴されるように、回されているうちにちょっとずつ相手選手との距離が生まれてしまった。ボールを持つ時間が少なかった。あすは地域リーグのチーム同士の戦い。勝って終わりたい」